【双極性障害】うつ状態での過ごし方を自分なりに考えてみた

こんにちは、いま現在絶賛うつ状態中の僕です。

 

全くもって何に対してもやる気が出ませんし、集中力も皆無です。

 

なんかこんな時どうしたらいいかわかんなくなりますよね、時間を無駄にしてる感じも凄く感じます。

 

なので今回はうつ状態になった時の過ごし方について自分なりに考えてみました。

 

参考にしてくれたら嬉しいです。

 

 


スポンサーリンク
 

 

 

1、自分がうつ状態なのを自覚する

これは一番大切な事だと僕は思います。

うつっぽい時って何にもやる気がでなくなったり、何にも考えられなくなったり、ネガティブになったり人それぞれ症状は異なりますがそれにしてもしんどいですよね。

 

ただ、これがうつ状態だって気がつかないでいる人も多いと思うんです。

現に僕も8年くらいこれに気づかなくて結構な時間を無駄にしてしまいました。

 

まず、はじめにやる事は自分がうつ状態の症状がでていたら、自分が今うつ状態担になっているのではないか、うつ状態になっていいるなど、自覚する事です。

 

自覚なんてできないよ、どうやってするんだって人もいるかと思いますが

自分の今現在を客観視する事がポイントです。

 

今現在自分が何を考えているのか、どんな症状なのか、考えてみましょう。

幽体離脱したみたいにそとから自分を見るといいかもしれません。

 

 

2、とりあえず休む

精神的に調子が悪いと判断した場合は休んだほうがいいと思います。

 

会社も、学校も、バイトも休める限りは全力で休みましょう。

 

うつ状態が悪化した場合はもう何にもできません。

休養も自分にとって仕事の1つだと思いましょう。

 

家に引きこもっても、好きな事をやるでも何でもいいです。

大切なのはうつ状態にさせる原因を理解してその原因と一旦距離を置く事です。

 

ゆったりとした時間を過ごす事によって、精神的にケアを行いましょう。

 

僕の場合は、友人に会ったりすると無理やり躁状態になったりして大変なので一人で家でゆったり過ごしています。

 

3、ランニングをする

これは個人的に結構オススメです。

 

5分でも、10分でも短い時間で大丈夫です。

腰が重いと思いますけど少しだけでもランニングしてみましょう。

走るのが無理って人はウォーキングでも構いません。

 

大切なのは有酸素運動をするという事です。 

 

ランニングをすることによってセロトニンという精神を安定させてくれる物質を体内で作ってくれます。

 

セロトニンを作る事によって日頃作ったストレスを発散しちゃいましょう。

 

汗をかこくとによって体の老廃物を出したり、ストレスを発散できるなどの効果があるのでランニングなどの有酸素運動はいい事だらけです。

 

4、自分の好きな事をする

自分が時間を忘れて出来る事をやってみましょう。

 

うつ状態の時って、ネガティブなことを考えがちですよね。

そして、もっとネガティブになってって、負の連鎖が続いていきます。

 

自分の好きな事、趣味などに1日没頭してみましょう。

 

好きな事をやるだけで楽しいですし、1日も早く終わってしまうと思います。

 

大切なのはネガティブな事を考えないという事です。

 

お友達と遊んだり、温泉にいったり、漫画読んだり何だっていいんです。

自分なりの自分の生活を豊かにできる楽しい事をやりましょう。

 

 

5、一人になる

僕の場合は友人と会ったりすると無意識に躁状態になって翌日などにうつ状態に襲われたりします。

 

なので一人の時間ってとっても大切なんです。

大切な人と一緒にいると何もかも忘れられて精神的にも楽になるという人は人と一緒にいるのがいいと思いますが、僕のようなタイプの人は一人の時間をつくるようにしてみましょう。

 

 一人になって自分の時間をゆったり過ごす事も大切だと思います。

読書をするのもいいですし、ランニングしたりするのもいいと思います。

自分自身の時間は有限なのでゆっくりすごしましょう。

 

 

まとめ

うつ状態では、時間を忘れられるくらい自分の好きな事をやるのがオススメです。

 

ランニングでも散歩でもなんでも構いません、有酸素運動を5分だけでもやってみましょう。

 

自分の事を大切にしてゆったりと過ごしてみるのもいいかもしれません。

 

ぜひ、一回自分のうつ状態と向き合ってどうすればいいか考えてみましょう。

 

 


スポンサーリンク