【Alexandros】Famous Dayの歌詞の意味を推察していく!

 

へろへろ、どうも

 

今回は僕の大好き、みんな大好きなバンド[Alexandros]のFamous Dayの意味を個人的に推察していこうと思います。

 

この曲は2年前に発売された曲に入っています。

 

もう2年前なんて早いですね。

 

 

[Alexandros]のどの曲にも熱い思いが込められているものばかりでもう尊敬です。

 

 

とってもかっこよくていかしてるおしゃれな曲なので興味のある人は聞いてみてください。

 

 

 

 

この曲について

まずはみんな大好きFamous Dayを聞いてみましょう。


[Alexandros] - Famous Day (MV)

 

もうかっこいいですね、右のほうに歌詞と歌詞の和訳も出ている親切なMVで雨の感じもまたかっこいいです。

 

この曲のMVは2015年の5月26日に公開されてもう直ぐ600万再生されます。

 

高評価は2万に対して低評価は300ぐらいしかありません。

 

この曲はアルバムのALDXに収録されている曲です。

 

洋平さん曰くこの曲はALDXの中で一番作るのが難航したそうです。

 

ずっと、搾り出しながら考えていて、録音する時にやけくそになって歌ったらメンバーからもいいねとなってそこから少しずつ調整して作ったとか。

 

洋平さんはDメロが気に入っていてそこでも

I'm never ever wrong!

という歌詞の部分が気に入っているんだとか。

 

僕もこの部分はとっても大好きで影響されまくりです。

 

このMVは茨城のあるサバイバル場内の倉庫で撮影されていて雰囲気や歌詞も"city"に似ていると思う人も多いかもしれませんがあんまり気にしないで曲を作ったそうです。

 

この曲はよくきくと全体的にピアノが演奏されていることをご存知ですか?

 

Dメロを聞くとわかりやすいんですがこれがまたいいアクセントとなって曲のおしゃれさが増していますよね。

 

 


スポンサーリンク

 

 

 

歌詞と意味の推察

歌詞とかから僕の思っていることを書いていきます。あくまで推察なので宜しくお願いします。

 

waking down the street I lost myself 

 頭の中で こう もがいている

 

I try I try I try 届かずくすぶってる

 

ここでは何かに挑戦しているけど、空回りしているような

どうしたら良いか分からなくなっている

迷走状態に陥った人って感じがしますね。

 

[Alexandros]がデビューする前に必死にいろんなことに挑戦して売り込んでいたりしたけどなかなか結果が得られなかったそんな時のことを書いているのでしょうか?

 

 

Waiting for a light to shine this life

必ず報われると信じきって

I tried I tried 灯り灯らずに腐った

 

 絶対に成功する時が来ると信じてたくさん挑戦したけど失敗ばかりで、完全に何をしたら良いか分からなくなった。

 

最後に「腐った」と表現しているところがまた心揺さぶられますね。

人としても、バンドとしても、絶望していたって感じがします。

 

 

I try so hard but

Lights go out 

血眼になって唸っても

正解は見つからずに

 

 挑戦すればするほど結果はうまくいかずに、結果が遠のいて行く。

血眼になって、唸って、そんなに努力しても答えが分からなくなって、精神的に結構来ているような

バンドを長い間やってもなかなかデビューできなかった[Alexandros]としての心境を切実に詠っていますね。

 

 

「私」を探して

居場所を探し

追い求めて辿り着いた時に

夜が来て 見えなくなって

 

 この辺の歌詞は改名を余儀なくされた時のことみたいですね。

 

[Champagne]から改名をしないといけなくなって、でも自分のバンドらしさってなんだろう。

どうしたら良いんだろう。

そうやって考えて考えて、考えていたら結局分からなくなって、真っ暗で何も見えなくなっていってる。

 

 


スポンサーリンク
 

 

Coz I've been waiting for this very moment all this life 

(私は今の今まで、この瞬間という瞬間をずっと待っていた)

I'm never gonna give it all away the world is mine you never ask why

(手放すわけにはいかないんだ この世界は私のもの理由なんて必要ない)

 

ここでもうたまらないですね。

 

努力して、努力して、ついにまちにまったチャンスが訪れたんです。

 

迷走しながらも模索して、必死になって頑張ってやっと長い間かけてチャンスが舞い降りました。

 

そして、そのチャンスを絶対に手放したくない、だってもう、[Alexandros]は世界一のバンドなんですから、理由なんていらない、ただチャンスをものにするだけ。

 

世界一を証明している[Alexandros]の価値観をそのままいったような歌詞ですね。

 

 

 

I'll make my day until Icould believe it's famous day

(最高の日にしてみせる 今日こそが”その日”だって確信できるまでに)

before I'mgonna throw this world away

(この世から消える前にね)

 

 

今まで、迷走して、いろんなことに挑戦してきたけどようやくチャンスが舞い降りてきた。

 

そんなその日を最高にしないわけないでしょう。

最高の日に必ずしてやる、今日がまちにまったFamous Dayだと確信できるように。

 

死ぬ前に、必ず成功してやるぞというもう気合が入り込んどいますね。

僕も毎日をその日にできるようにしたいです。

 

 

 

Walking down the street 

I found myself 

頭の中で弧を描いている。

yes I know I know I know 

I think I finally found it  

 ようやく自分で自分というのを見つけられて一番の「こう」と「弧を」がかかっていますね。

 

「こう」という抽象的なこのから「弧」という具体的なものになり、自分らしさを見つけられたような

そんな感じに受け取れます。

 

 

 

「私を探して」

居場所を探し

追い求めてた

あの日突然「答」見つかった

 

自分を見失って努力を重ねて一度は見失ったけどFamous Day で突然答えが、自分自信、居場所が見つかった。

 

暗闇の中を歩いてきて一筋の光が見えたかのようなそんな風に思います。

 

 

 

Coz you've been waiting for this very moment all your life

(今まで君は、この瞬間という瞬間を待っていたんだろう?)

 

You're never gonna give it all away

This world is yours don't ever ask why

(手放してはいけない、この世界は君のもの 理由なんてないから)

 

Take your chance

I wish you could beliene in famous day

(この好機を逃すな 今日がその日だって確信できたらいいね)

Before gonna kiss this world good-bye

(この世に口づけして去る前に)

 

ここで一番のサビは主語がI(私)だったのがyou(あなた)に変わっているのがポイントになっていると思います。

 

ここから、これを聞いているあなたにもできるんだっていう応援されているように感じますね。

 

誰しもが通る道だと思うんですよ、真っ暗だけど自分を信じて行動していくときって。

 

絶対に来たチャンスはものにしなさい、この世界はあなたのものなんだから、あなたはもう世界一なんだから、頑張りなさい、そういう風に言われてるように思っちゃいます。

 

 

And I believe I'd be the king Try to spread the wings

(王様にだってなれる 翼を広げるんだ)

Bring the ring  I'll never fade away

(指輪を持ってきてくれ 俺は消えないから)

 They say they hate my song But I'll never ever wrong 

(連中に嫌われたとしても 絶対に間違ってなんかいないんだ)

Survive the days and fight until the end

(最後の日まで生き残ってやる)

 

信じてその道に向かって努力し続ければなんだってなれるよ。

 

my song がたまりませんね、これはこの曲自体が嫌われたとしてもっていうのと、[Alexandros]自体が嫌われたとしてもっていう2つの意味が込められていると思います。

 

それでも絶対に間違っていないんだと言い切るこの自信がとっっても大切だと思いました。

 

この部分がもうたまらなく大好きです。

 

 

 

まとめ

Famos Dayは努力してでも、壁にぶつかって、迷走したりしたけど、何度も何度も諦めずに挑戦したらチャンスが舞い降りてきてそれは絶対につかまないといけない

つかんだその日が「Famous Day」だから。

 

夢を追い続けると必ずくるその日のために頑張ろうねそんな曲だと思いました。

 

大好きです、ありがとう

 

 

ワタリドリの歌詞も考察してみました!! 

nagakubirei.hatenadiary.com

 

 

 

 

↓個人的なお勧めの曲は〜↓

nagakubirei.hatenadiary.com

 

 

 

Famous Dayが収録されてるよー

ALXD

ALXD

 

 

 

ALXD(初回限定盤)(DVD付)

ALXD(初回限定盤)(DVD付)