喫煙者を迫害しようとしている今の雰囲気が大嫌い。

へろへろ、青山だよ。

 

最近はタバコを吸う人が減ってきているよね、そういう僕もタバコは全く吸いません。

 

 

今で言うとどの世代がよくタバコを吸っているのかな?

 

40代とか50代とか?

 

でも確実に減ってきているのは確かだよね、値段も高くなってきているし、

 

今では完全禁煙の飲食店とかも増えてるし、喫煙スペースを取り除いているところも出てきている。

 

 

でも僕はそれがすごい気に入らない。

 

 

いや、誰がタバコ吸おうが関係なくない?

 

今テレビではタバコは体に悪いからやめなさい、ってことばっかり言っているよね。

 

ただ早いと思うんだ。

 

それをいうのが。

 

っていうのも今すぐにスマホは体に悪いから使うのをやめろって言われてもほとんどの人は無理だと思う。

 

それと同じことを僕は喫煙者の人たちに対して世間はやっていると思うんだ。

 

 

副流煙とかで周りの健康に被害が出るのもよく分かる。

 

それをやらないようにするべきだとも思う。

 

 

でもいきなりやめろって言って、喫煙スペースを減らしたり、嫌な顔したり、それって

なんか違くない?

 

 

喫煙者だってストレスがたまって吸っているのかもしれないし、国に税金として貢ぎたいから吸っているのかもしれない。

 

 

吸う理由だって色々あるはずだと思う。

 

 

まず、やるべきことはタバコがいかに体に悪いか伝えた上で、喫煙者と禁煙者をしっかり分ける。

 

分煙の習慣を身につけることだと僕は思う。

 

 

 

分煙の習慣を身につけるのにも何十年とかかる大変な作業だと思うけど、

それでもいきなり迫害しようとするよりは絶対に効果があると思う。

 

 

分煙の習慣ができてから、少しずつ数量を減らしていきませんか?

っていう禁煙の活動をしていった方が喫煙者は減るだろう。

 

 

いきなりタバコやめろよとか言ったって、反発する人が増えるだけでしょう。

 

渋谷のハチ公前のことを知っているだろうか?

 

以前は喫煙スペースがあり、そこで喫煙者はタバコを吸っていたが

喫煙所が取り除かれた瞬間どうなったと思う?

 

タバコのポイ捨てが一気に増えたんだよ、それは誰が掃除するんだよ。

 

ここで喫煙者はやっぱりゴミだなってそう思うのは簡単だけど、

そういう行動をさせているのは僕たちなのかもしれない自覚を持った方がいい。

 

 

僕は今の世間のタバコに対する考え方が大嫌いだ、もっと理解しあって、

分煙がちゃんとできていればいいと思っている。

 

 

 


スポンサーリンク